2015年08月25日

GX7とFRENIC Mini シリーズ(Eco・Multi・MEGA共通)との接続 その3

メーカーより直接転送について回答を頂き、それを元にサンプルデーターを作りました。

Q:レシピメニュー選択したら、直接それぞれのインバーターに転送したい

A:レシピデータ直接転送の可否について

レシピ設定が1組のみとなっておりますので
今回のような連続していないアドレスを使用したい場合は
直接転送するように設定できません。
同等の動作をさせる場合は今回ご使用いただいているように
内部アドレスから転送していただくことで同等の動作となります。

サンプルプログラム説明
ポップアップウィンドウのメニューを選択時に内部アドレス0000を定数値「1」にし
(それぞれのボタンに設定する)

clip_4.jpg

基本画面の演算タグにて内部アドレス0000が「1」のときに下記の3個の演算を
実行させます。
@ INV1 401798 = 内部 0110  ←レシピデータをINV1に転送
A INV2 401798 = 内部 0111  ←レシピデータをINV2に転送
B 内部 0000 = 0 ←メニュー選択時に「1」にしたデータを「0」に戻す

clip_2.jpg

clip_3.jpg


以上のように設定することでメニュー選択時にレシピデータを転送します。
この例では、レシピナンバーから直接選択した場合やレシピ周波数変更した場合は自動的に転送しません。
その際は、転送ボタンを使用します。
また、電源を再投入した場合は、レシピがゼロリセットされてメニュー名が表示しません。
いずれか選択してしまえば、後はその番号を記憶します。
また、レシピのメニュー名はメッセージテーブルを利用して、一括変更が簡単に出来る様にしてあります。

サンプルデータ

右クリックで保存して下さい。


posted by かんぼ at 09:05| Comment(0) | Modbus-RTU通信

2015年08月21日

GX7とFRENIC Mini シリーズ(Eco・Multi・MEGA共通)との接続 その2

GX7とFRENIC Mini シリーズを2台接続してみました。
RS485の分配には、サンワサプライのRJ45分配器を使用しました。
分配器は全端子並列ですので、LANケーブルは2芯のみコネクタに圧着します。

2015-08-20 15.36.24.jpg

レシピメニューからそれぞれのインバーターに運転周波数を設定します。
運転指令は、インバーター端子から、また多段変速端子で切替もします。

clip_1.jpg

clip_2.jpg

レシピメニュー選択した時点で、それぞれのインバーターに転送したかったのですが、簡単にできそうも(>o<)
転送スイッチを付けました(^^ゞ

clip_3.jpg


clip_4.jpg

既存制御盤に、かなり窮屈に取り付けたのでPS2-ミニUSB変換プラグが入りません。
下のスイッチを外して接続しないと出来ません。
別のPS2変換コネクタや、ミニUSBの曲りプラグなども探してみましたが、超小型のはありませんでした。

そこで変換プラグを改造しました。
まずモールドの皮を剥きます。わりとサクッとカッターナイフでそぎ落とせます。
丸コネクター側から入れると楽。(指を切らないように)

2015-08-19 15.56.52.jpg

樹脂の部分を、ヒートガンで熱して柔らかくし、曲げて成型します。(電線を焦がさないように)
革手袋着用して手で行いました。(火傷に注意)

2015-08-19 16.16.50.jpg

それに、エポキシパテを良くこねて大体の形に成型し、固まったらヤスリで成型します。

2015-08-20 08.49.19.jpg

スペシャルコネクタ完成!
これで、狭いスペースでも使えます。

2015-08-20 08.46.53.jpg



posted by かんぼ at 11:16| Comment(2) | Modbus-RTU通信