2013年10月18日

Windows8.1

本日からWindows8.1の発売と8からの無償アップデートが始まりました。
FA用に使っている、ASUS U24A-PX3230HのOSをアップデートしてみました。

w8.1.jpg

が、右下に「Secure Bootが正しく構成されていません」のメッセージが。
BIOSの設定でSecureBootの項目が無効(Disabled)になっているため。
有効(Enabled)にして、起動すれば消えました。

参考
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2013/09/windows-81-secu.html

つかいかたはこれから、お勉強(^^ゞ

が、スタートメニューボタンが復活したのはいいが、Classic Shell 日本語版(無料)が使えなくなった。
スタートメニュー→プログラム一覧表示が出なくて不便だ。

【追記】
アップデート行ったはいいが、アイコンが白紙になったりコントロールパネルやデバイスマネージャー開くと固まったりと不具合だらけ(^^ゞ
前はサクサク動いたいたのに、、、とリカバリー覚悟で出荷状態に戻そうと手順確認してたら、
[設定]→[PC設定の変更]→[保守と管理]→[回復]→[PCをリフレッシュする]の項目があるじゃないですか。

clip_1.jpg

物は試しに[開始する]をクリック。
すぐ終了して、デスクトップに戻ったら、調子がいいじゃないヽ(^o^)丿
サクサクに戻った。
リカバリして大量のアプリインストールしなくて済んだ。(^^ゞ
8から8.1にアップデートしておかしかったらお試し下さい。


posted by かんぼ at 14:25| Comment(0) | パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: